しおしお

IntelliJのあれやこれや

Gradleでプロジェクト配下のライブラリをクラスパスに追加する方法

GradleでJavaプロジェクトのbuild時に、プロジェクト配下のディレクトリにあるライブラリ(jar)をクラスパスに追加してあげる方法。

Javaプラグインの依存関係の設定を使用して、プロダクションコードとテストコードのコンパイル用クラスパスを設定してあげます。コンパイル用のクラスパスは、実行時のクラスパスに引き継がれるので、実行時のクラスパスを改めて設定する必要はないです。

dependencies {
  // ./main/lib配下の全てのjarファイルをコンパイル時のクラスパスに追加
  compile fileTree(dir: './main/lib', includes: ['*.jar'])
  // ./test/lib配下の全てのjarファイルをテストクラスのコンパイル時のクラスパスに追加
  testCompile fileTree(dir: './test/lib', includes: ['*.jar'])
}