しおしお

IntelliJのあれやこれや

JSLintをantから使ってみる

JSLint(jslint4java)をantから使用する方法

jslint4javaがantのカスタムタスクを持っているので、それを使うだけでいけます。

※JSLintで出来る検査は、こちらを見てね。JSLintについて調べてみた - しおしおの雑記帳

antのビルドスクリプト

<target name="jslint">
  <!-- jslintのタスクを定義 -->
  <taskdef name="jslint" classname="com.googlecode.jslint4java.ant.JSLintTask"
      classpathref="jslint.path" />

  <!-- レポートの出力先の初期化 -->
  <delete dir="report/jslint" />
  <mkdir dir="report/jslint" />

  <!--
  jslintタスクを使用してjsファイルの静的検査
  options属性にjslintに指定するオプションを設定する。
  -->
  <jslint options="indent=2,plusplus,maxlen=120" haltonfailure="false">
    <!--
    結果の出力形式
    開発環境で見やすいplain形式と、CI(Jenkins)を意識したxml形式の2種類を出力
    -->
    <formatter type="plain" destfile="report/jslint/jslint.txt" />
    <formatter type="xml" destfile="report/jslint/jslint.xml" />
    <!-- 検査対象のファイルを指定 -->
    <fileset dir="main/web/js" includes="**/*.js" excludes="**/*jquery*.js,**/*require*.js" />
  </jslint>
</target>

上記のスクリプトは、jslint4java ant taskを元に作っています。

おわり。