しおしお

IntelliJのあれやこれや

GradleのjarタスクでMANIFEST.MFにgit情報を書き込むプラグイン作ってみた

Gradleのjarタスクで、gitのどのリビジョンをベースに作成したかをMANIFEST.MFに書き込むGradleプラグインを作ってみた。

作った理由

最近、社内のMavenリポジトリに古いソースコードベースのartifactが頻繁にアップされてかなりハマったので。。。
jarがどのリビジョンベースで作られたのかサクッとわかると、個人的にはわりと便利な気がしたので作ってみた感じです。*1

使い方

こんな感じにプラグイン適用するだけな感じです。

buildscript {
  repositories {
    mavenLocal()
  }
  dependencies {
    classpath 'siosio:add-git-info-to-manifest:+'
  }
}

apply plugin: 'AddGitInfoToManifest'

プラグインのコード

siosio/add-git-info-to-manifest · GitHubに上げてみてます。

おわり

*1:同じようなことできるプラグインあるんだろうけど探せなかった・・・