しおしお

IntelliJのあれやこれや

Dockerfile不要のコンテナビルダーのGradleプラグインを触ってみた

↓を見て便利そうなのでどんな感じなのかなと触ってみました。


gradleにプラグインを追加する

plugins {
  id 'com.google.cloud.tools.jib' version '0.9.2'
}

imageをビルドしてみる

imageのビルドはjibDockerBuildで行います。

./gradle jibDockerBuild

結果はこんな感じになりました。repositoryにはプロジェクト名が、tagにはバージョンが設定されるようです。
なんか、48年前に作成されたことになってますが↓のチケットと同件ですかね。
https://github.com/GoogleContainerTools/jib/pull/412

 ~ docker images  
REPOSITORY                     TAG                 IMAGE ID            CREATED             SIZE
jib-demo                       1.0.0               60f95e9fbe77        48 years ago        138MB

docker run --rm -p 8080:8080 jib-demo:1.0.0でさくっと起動できますね。

Dockerfileを生成してみる

Dockerfileの生成はjibExportDockerContextで行います。

./gradle jibExportDockerContext

タスクを実行すると、build/jib-docker-context配下にDockerfileが生成されます。
内容はこんな感じでした。

FROM gcr.io/distroless/java

COPY libs /app/libs/
COPY resources /app/resources/
COPY classes /app/classes/

ENTRYPOINT ["java","-cp","/app/libs/*:/app/resources/:/app/classes/","siosio.jibdemo.JibDemoApplication"]
CMD []

Docker Hubにpushしてみる

build.gradleにDocker Hubの認証情報とimage名を設定してあげます。

jib {
  to {
    image = "siosio/${project.name}:${project.version}"
    auth {
      username = 'siosio'
      password = '********************************'
    }
  }
  
  container {
    jvmFlags = ['-Xms512m']
    ports = ['8080']
  }
}

pushは、jibタスクで行います。実行すると、pushしたよログが出力されます。

./gradle jib
***** 省略 *****
Container entrypoint set to [java, -Xms512m, -cp, /app/libs/*:/app/resources/:/app/classes/, siosio.jibdemo.JibDemoApplication]

Built and pushed image as siosio/jib-demo:1.0.1

Docker Hubにちゃんと上がってますね。
f:id:sioiri:20180710214843p:plain

pushしたimageを使ってさくっとアプリケーション動かせますね。

 ~ docker run --rm -d -p 8080:8080 siosio/jib-demo:1.0.1
35b36eb58dfce83e81525ab2364e52564f2de4697d3fbb706d7176b4a5d1b83d
 ~ curl http://localhost:8080
キタ─wwヘ√レvv~(゚∀゚)─wwヘ√レvv~─!!%   

imageのカスタマイズ

jibに対するオプションを設定することで、imageに対する設定が色々出来るようです。
例えば、こんな感じにbase imageを指定したり、外部公開するポートを指定したり出来るようです。

jib {
  from {
    image = 'openjdk:alpine'   // base imageの設定
  }
  container {
    jvmFlags = ['-Xms512m']   // jvmオプション
    ports = ['8080']   // 外部公開するポート
  }
}

詳しい使い方は、jib/jib-gradle-plugin at master · GoogleContainerTools/jib · GitHubを。。